FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建築的な価値?不動産的な価値?

今日は渓谷テラスの「価値」について考察します。

これも不動産屋の私見に過ぎないので建築専門の方は話半分で読んで下さい。



実は、渓谷テラス申込みの1年前に別のコーポラコーディネート会社が同じエリアで立ち上げようとしていた別のプロジェクト(仮に「幻テラス」とします。)に申込みをしていました。

そちらは某有名建築家の設計ということと最寄駅徒歩4分というのが売りでかなり強気な(申込み)価格設定でした。

最終的には半分しか申込みが入らず流れてしまったのですが、当初プランから渓谷側(東面)が全面開口になっていて仮に建ちあがっていれば東京の住宅建築史に残るであろう幻の集合住宅でした。(評・渓谷おじさん)

幻テラスでは私は2,3階のメゾネットを申し込んでおり、知り合いの建築家に事前にプランニングを依頼して76㎡の3LDK、リビングの天井高さ2,800mm、東西南の3面開口+天窓という抜群のプランを用意してヨダレを垂らしながら組合組成を待ちわびていました。

が、それが立ち上がらなかった時のショックと言ったら、まあ渓谷おばさんをして「うちはもう一生家が買えないんじゃないの」と言わしめたほどでした。

maboroshi.jpg(↑幻テラスの意匠設計)


幻テラスの頓挫から数ヵ月後に今回の渓谷テラスの案内をもらい、「今度こそは」と藁にもすがる思いで飛びついた訳であります。



そんな幻テラスと渓谷テラスですが、
それぞれの建築的価値と不動産的価値を考察します。



【建築的価値】
著名建築家の設計、豊かな天井高さ、フルハイトサッシ(天井から床までぜーんぶガラス)など「幻テラス」が断然優位。

渓谷テラスは建築的には一般的な2,400mmの天高だし、渓谷面のサッシ高さは2,000mmとまあ、普通だし、言ってみりゃ中古マンションのリノベでもある程度同じような空間は作れてしまうのです。


【不動産的価値】
駅徒歩4分、信号渡らない駅アプローチという点は圧倒的に幻テラスが優位。

渓谷テラスは駅からちょっと歩くし、大通り渡らないといけないし。

でもね、

この前気づいた点があります。

それは、渓谷の親和性(渓谷感とでも言えばいいのかな?)。

幻テラスは渓谷の中に突き出た感じでそれはそれで十分に素晴らしいのだけど、渓谷テラスは渓谷の向こう側のお家が全く見えないくらい渓谷の懐が深い。
(要は、窓先100mくらいずっと渓谷。幻の方は50mくらいかな。急に落ちて急に上がる感じ。)


また、渓谷テラスは渓谷に下りるのに徒歩1分。(幻テラスは徒歩3分くらい。)



負け惜しみのように聞こえると思いますが、まあ夏には結果が出ますので。

渓谷テラスの設計打合せやメーカー打合せで当初「うちは必ず建築雑誌に載るから」と吹聴してましたが、最近は「建築的には全然尖ってないし、普通だな」と気付きました。

まあ、グッドデザイン賞取ったマンションが売れるのかと言えば全く売れ行きとは関係なく、そこが不動産の難しく面白いところでもあるんですよね。

家ってモノじゃなく、場所なんです。

落水荘が素晴らしいのは、まず立地が素晴らしいからなんです。



そんなこんなで、最近は「これだけ精魂込めた家がいったいいくらで売れるのか」がちょっと楽しみです。
(ちなみに取得価格+2,000万円でも手放すつもりが無いくらい愛しい家になってます。それもコーポラの魅力かな。)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

渓谷おじさん

Author:渓谷おじさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。